追加ドライバー登録。

本日は追加ドライバー登録について書きます。

日本国内でのレンタカーの場合、
会社により異なりますが、2名・3名で運転する場合でも手続きは簡単です。
・免許証を全員分見せるだけでOKな場合、
・全員分の免許証をコピーする場合、
・契約者の免許証だけでOKな場合、 などがあります。

AVISの場合、必ず登録が必要です。
こちらの添付の書類はアメリカの一例です。
このような書類に追加ドライバーの方の情報(住所・免許証番号等)を書いて、サインが必要です。
このような書式です。
*書面は現在のもので、今後変更される事もございます*

追加ドライバーの登録の際は、メインのドライバー(契約者)のサインも必要ですので、必ず一緒に手続きをしてください。

例・・・ 
登場人物3名
・Aさん(契約者)
・Bさん(レンタル当日から一緒の追加ドライバー)
・Cさん(レンタルから3日後に合流の追加ドライバー)

AさんがメインドライバーでAVISロサンゼルス空港営業所で契約。
レンタル契約時に追加ドライバーとしてBさんを登録完了!
3日後にCさんが日本から来て合流するので、Cさんも追加ドライバー登録をする場合。
必ずAさんが立会いのもとで(Aさんサイン必須なので)Cさんの追加ドライバー登録が必要です。
BさんとCさんだけでは登録が出来ませんのでご注意ください。
尚、追加ドライバー登録はアメリカの場合、レンタル開始営業所以外でも可能です。

追加ドライバー登録料・登録制限数などは国・地域により異なります。
例えばAVISアメリカでは追加ドライバー登録は25歳以上のドライバーに限ります。
(例:22歳の方は登録が出来ません!)

追加ドライバーの手続きをせずに契約者以外の方が運転して事故を起こした場合、保険は一切適用になりませんのでご注意ください。

上記情報は今後変更される事もございます。
追加ドライバーの登録について詳しくは、
予約センター0120?31?1911(平日9-18時)
までレンタル前にお問い合わせください。