チェコ プラハ観光

プラハでまず最初に向かったのは、プラハ城です。
正門ではちょうど衛兵交代式が行われていました。
台湾・忠烈祠の衛兵交代式のようなピリッとした感のない、ちょっとゆるい感じの交替式でした。

聖ヴィート大聖堂が圧倒的な存在感でそびえ立っています。

大聖堂の内部のステンドグラスが圧巻でした。

高台からの眺めも素晴らしい。

高台から降りて、カレル橋まで歩きました。
カレル橋はヴァルタヴァ川にかかるプラハ最古の美しい石橋です。
長さ約520mの橋の両側の欄干には30体の聖像が並んでいます。
橋には人々が絶えず行き交っていて、とてもにぎやかです。

橋のたもとからプラハ城が見えます。

橋を渡って、プラハ旧市街の中心となる旧市街広場へ。
ゴシックやルネッサンス、バロック様式の建物が広場を取り囲んでいます。
このころにはすっかり日も落ちて暗くなってしまいました。
旧市庁舎の塔に登って、ライトアップされた旧市街を眺めました。

2本の塔がひときわ目を引くティーン教会。

暗くてよく分かりませんが、実は白亜の聖ミクラーシュ教会。

この旧市庁舎の塔の下のほうに天文時計があり、9時から21時までの毎正時になると仕掛けが動きます。
私たちは18時にこの塔の上に来てしまった為、仕掛けを見ることはできませんでしたが、その時に塔の上からトランペットを吹く人に遭遇。
吹き終わって、集まった人たちに手を振っているところです。

火薬塔は、かつて旧市街を守る城門の一つとして建てられたゴシック様式の塔門です。
17世紀に火薬庫として使用された為、この名前が付けられたとのことです。

歩き疲れてしまったので、この塔の下にあるカフェで一休みしました。
とてもお洒落なカフェで、ジャズピアノをききながらもったりしてました。

すっかり写真を撮るのを忘れてしまって飲みかけでスミマセン。
チェコの黒ビールもおいしかったです。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

デルタ航空でフェニックスへ

今回セドナへ行くのに、近くてアクセスしやすいフェニックス空港PHXを選びました。
久しぶりのデルタDELTAです。

ほとんどが自動チェックインになっていて係員がついていてくれるので機械音痴の私も簡単にできました。
ポートランド線DL618です。
こじんまりしたかわいらしい機体。
ちなみにこの機材はパーソナルモニターではなかったです。

一番の楽しみ、機内食。

このエビのクスクスサラダ、最高でした。

ビールとワインは無料。
ビール派の私にうれしい[:イヒヒ:]
まずはナビ役になる私はビールをいただいておこうと注文[:たらーっ:]
「ビールください!!」
強面な年配の日系フライトアテンダントさん
「How old are you ? 21?」
まじめに「○○歳です!」と応えてしまった私。
このアテンダントさんおもしろい。

ペーパーナプキンに書かれていることば・・・。

デルタ航空は「ワンランク上のエコノミー」という
通常のエコノミーより広いレッグスペースや深いリクライニングなどの
プレミアムサービスをしています。路線により追加代金は異なります。
例えば今回乗ったポートランド線などの西海岸線だとUS$119、
グアム方面や3~4時間のアジアはUS$39です。

ポートランドで出会った、少々迷惑なところに立っている像。

ポートランドからフェニックスまではアラスカ航空との共同運航。
驚いたのは・・・、機内食有料。

今流行っているLCCローコストキャリアかと思ってしまいました。

アメリカは国際線で到着した都市(今回であればポートランド)で入国審査と荷物の預けなおしがあります。
他社便からの乗り継ぎ(今回であればアラスカ航空からデルタ航空)で出国の場合、国際線に乗る前にカウンタ?で再度チェックイン(パスポート確認)します。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

セドナドライブ紀行・チムニーロックハイキング

宿泊先のベアロッジから、チムニーロックハイキングへ。
セドナの数あるレッドロックから宿泊先のベアロッジのマスミさんから教えていただいたトレイルへ行くことにした。
お水をもって、いざ出発。
地元の方くらいしかハイキングしていない感じでみなラフな装いで歩いている。
選んだトレイルは約1時間のはず、途中欲張って上まで行きたい、とか道をそれて歩き、誰もいなくなる。
来た道を戻り軌道修正。
まもなくマスミさんのお気に入りポイントへ。
曇り空で写真の色がうまく出せなかったけど、本当に息をのむほどの美しさ。

1時間半のトレッキング、ローカルなセドナのお散歩道を知れてラッキー!

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

セドナドライブ紀行・フェニックスからセドナへ

こんにちは!
まだまだ日本でも世界でも人気の高いアリゾナ州・セドナへ。
エイビスレンタカーでドライブすることになりました!!

セドナに近くアクセスのよい空港、フェニックスからスタートです。
デルタ航空、ポートランド乗継となるのですが、乗継時間を入れて15時間くらい、午後の到着。

ここからのレンタルは正直きついです。
機内で十分な睡眠をとり、道中も休憩をこまめにとって、安全運転第一で行きましょう。

スタッフ一機械音痴の私ですが、カーナビに日本の方が多く宿泊するというベストウェスタンインオブセドナをセット、半信半疑で紙の地図と一緒にドライブスタート。
日本語設定ができたのでとても楽でした。

EXITの番号を目安に紙の地図上でどこにいるのかすぐに確認できます。

ナビは空港から10号->17号と案内します。
フェニックス市内の10、17号は6車線で交通量も多いので焦らず自分のペースをキープしましょう。
一番左から2レーンは二人以上乗っている車の走行レーン、注意しましょう、途中パトカーも監視しているので、より慎重に。


フェニックスからセドナへ 17号線のドライブ。

休憩所は極端に少ないです、空港でお水を買っておけばよかったと思いました。17号で休憩所を見つけ一休み。
(セドナまでここの1ヶ所くらいしか休憩所なるものは見当たりませんでした。)

トイレ、お水とスナックの自動販売機あります。
クレジットカードでも買えるので安心。
VIEWPOINTとあったので行ってみたのですが、あいにくの曇り空にボンヤリしている感じでした。

当初私たちは17号から298EXITを176号へ出て
カセドラルロックを見ながらセドナに入る予定でしたが、ナビは手前287EXITを260へ導きました。
紙地図をみるとシーニックロードになっているし、悪くないとナビに託しました。
無事260から89号へ出て15分くらいでしょうか・・・。
遠くにセドナの街が現れたときにはことばにできない感動でした。
映画のセットにいるようでした。


89A北上してセドナに入る。

ホテルに到着したのは18時、空港からちょうど2時間半、ガイドブックの見本のような出来でした。
到着後まもなく真っ暗になりました。
この時期(1月)のセドナは7時半日の出、17時半日没です。
街の対策で照明は少なく、18時過ぎに真っ暗闇になります。
途中休憩を入れながらのドライブでしたが、日没前にギリギリに到着でき、安心しました。
またナビも完璧なサポートでした。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

チェコ チェスキークルムロフ 世界遺産地区

ウィーンからバスで、チェコのチェスキークルムロフへ向かいました。
ヴァルタヴァ川に抱かれたチェスキークルムロフは、中世の雰囲気をそのままに残した旧市街で、世界遺産に登録されています。

到着した時は既に暗くなりかけていましたが、夕食まで少し時間があったので、街をぶらぶら散策しました。

雰囲気のいい路地や、可愛いお店がたくさんあって、なかなか先に進めません。

ウッドクラフトのお店で可愛い置物と鉛筆をゲット!
シンプルですが、色の美しいキャンドルもゲット。

やっとお目当てのチェスキークルムロフ城に到着しました。
夜のお城はちょっと不気味な美しさです。

石垣に見えますが、実はこれ騙し絵なんです。
チェコでは騙し絵がたくさんありました。

冬季は城内には入れませんが、中庭を通ってプラーシュティ橋から、世界で最も美しい街の一つと言われるすばらしい街並みを眺めることができます。

翌日の朝食前、もう一度昨日の美しい眺めを楽しむ為に、駆け足でお城に急ぎました。

ここにも騙し絵がありました。

絶景ポイントからもパチリ。

靄がかかっていますが、う~ん、美しい。

この川が、あのスメタナ作曲「我が祖国」の有名な「モルダウ」なんだ・・。と感慨も一入でした。
※チェコ語ではヴァルタヴァ川、ドイツ語ではモルダウ川というそうです。

宿泊したホテルは、ヴァルタヴァ川を挟んで聖ヴィート教会を見上げる場所にある、かわいらしいプチホテルでした。

さまざまな部屋があるらしいのですが、私たちの泊まった部屋は、見事にハズレ・・屋根裏のような部屋でした。
でも、これも旅の楽しい思い出の一つになりました。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

オーストリア ウィーン観光

ウィーンは滞在時間が短くて駆け足観光でしたが、素敵な所がたくさんありました。見所をいくつかご紹介します。

ウィーンの国立オペラ座です。オペラ、観たかったな。

旧市街のほぼ中央に位置するシュテファン寺院。
二つの高い尖塔が特徴です。
同行者M嬢がどうしても見たいと言うので名物ホテルザッハーのザッハトルテを諦めて見に行きました。

街角にもかわいいクリスマスツリーが。

名物のウィーンナー・シュニッツェルと、本家ではないザッハトルテ。

ウィーンといえばハプスブルク家、そしてそのハプスブルク家の栄華を象徴する夏の離宮のシェーンブルン宮殿。
膨大な敷地と、膨大な部屋数から成る宮殿です。
クリスマス前だったので、ここでもクリスマスマーケットが開かれていました。

こちらはオイゲン公の夏の離宮として建てられたベルベデーレ宮殿。
左右対称のデザインが優美です。

世界遺産ヴァッハウ渓谷に隣接して建つメルク修道院。
マリー・アントワネットが宿泊したことでも知られているベネディクト派の修道院です。


夕食は、オーストリア風ワイン居酒屋ホイリゲにアイネクライネ・ナハトムジークをリクエストして弾いてもらい、ウットリ♪

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

ハンガリー ブダペスト観光 こぼれ話

ブタペストのレストランで食事中に、ふと前に座っている同行者M嬢を見ると、目の淵がぽつりと膨れていました。
どうしたのかな、と思っていると見る間に膨れ上がってきて、なんと本当にお岩さんのような形相に・・・

虫刺されなのか何なのか、本人も訳が分からず

この後に、オペラ座の日本語ガイドツアーのチケットを購入していたので、とりあえず見学後の自由時間に薬局に行ってみることにしました。

ミドリ十字の看板を目印に、教えてもらった場所目掛けて猛ダッシュで向かいましたが、1軒目は土曜日の為CLOSE。
あきらめずもう1軒目に向かうと、開いていました

そこで偶然、日本語を話せるハンガリー人のガイドさんに遭遇。
親切に薬剤師さんに症状を通訳してくれて、無事、飲み薬と塗り薬を処方してもらい、一安心。

ハンガリー人のガイドさんは風邪をひいていたようで、なんと日本の龍角散のど飴を持っていました。
ハンガリーで買うと、とても高いそうです。

わたしも風邪を引きかけていたので、確かバッグの中に・・・探してみると、入っていました。
2~3個もうなめてしまって封が開いている龍角散のど飴を、「あの~、よかったらどうぞ・・」と恐る恐る差し出すと、満面の笑みで「あなたはなんて優しい~」ととっても喜んでくれました。

上がプレゼントした龍角散、下がガイドさんが持っていた龍角散です。

調子に乗って、某メーカーのほかののど飴も出してみましたが、「それは、わたし好きではな~い」とあっさりお断りされました。

でも、親切にしていただいたお礼ができてよかった。

思わぬ所で日本ののど飴が役に立ったお話でした。

ちなみにM嬢の目の膨れは、何事もなかったように治りました。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

ハンガリー ドナウ川ナイトクルーズ

暗くなってからドナウ川のナイトクルーズに出掛けました。

昼間に見たブダとペスト両岸の景色をドナウ川から逆に眺めながらのクルーズです。

ライトアップされた国会議事堂が一際美しく光輝いていました。

1時間ほどで川を折り返して戻ってきました。
風がとても冷たくて寒さに震えましたが、それを忘れさせてしまうほど、本当に美しい眺めでした。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

ハンガリー ブダペスト観光 その2

ペスト地区では、まず英雄広場に行きました。
中央には大天使ガブリエル像が建っています。

聖イシュトバーン大聖堂です。
聖イシュトバーンの右手のミイラが展示されていましたが、ちょっと気味が悪かったので写真は撮りませんでした。

オペラ座には見学チケットを事前に購入し、日本語ガイドのある時間に合わせて地下鉄で向かいました。
「OPERA」という駅で降りると、目の前にオペラ座が建っています。

現在も活動を続けている劇場なので、見学中も演目の準備が行われていました。

内装はきらびやかなバロック様式です。

見学の最後にはミニコンサートも行われます(有料です)。

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

スタッフの休日 タイ2 満足のホテル

バンコクの滞在は2011年秋にオープンしたばかりの
ルネッサンス バンコク ラチャプラソーン
RENAISSANCE BANGKOK RATCHAPRASONG

BTSチットロム駅改札左におりて3分くらい。
サイアムのワールドトレードセンター周辺まで徒歩7~8分で、静かな好ロケーション




朝食のクロワッサンは絶品です。
プールは目が覚めるほどキンキンに冷えています。
夜は寒すぎます。

駅とホテルの間にあるショップにいる2匹のチワワ。
このウルウルなお目目にやられる・・・

ホテルの近くのお寺

ブログランキングに参加しています。
↓応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)