イタリア お客様からの投稿 イタリアでのドライブ

今回は、すーちゃん様からイタリアドライブのポイントを教えていただきました!
とっても参考になりました。

ヾ(*´∪`*)oc<【。゚・+:.・ァリガトゥゴザィマシタ・.:+・゚。】ヽ(*´∪`*)ノ”

ヨーロッパ一運転マナーの悪い国(?)という噂もあるイタリア・・・。
車線があってないような運転をするときもありますし、F1ドライバーか(?!)
というくらいの凄い勢いで車を抜いて行きますので、慣れないドライバーにとっては
かなり怖いかもしれません。
またZTL(車両乗入れ禁止)区域も頻繁に出てきますし、駐車では白線(無料駐車)、
青線(有料駐車、駐車券については、タバッキまたは管理員より購入する)、黄線(バス、タクシー、居住者等許可済車両駐車)などに分かれており、十分に注意が必要です。

イタリアは世界一、世界遺産の多い国ですから、訪問する街全体が世界遺産に指定されていることもよくあります。
なので、街の中はすべてZTL(車両乗入れ禁止)になっている場合も多く、城外にある駐車場に停めることになります。

例えば、赤ワインの「モンテプルチアーノ・ダブルッツォ」で有名な、トスカーナ州の小さな街モンテプルチアーノを訪問したときのこと。。。

城外の駐車場は有料でした。08:00~20:00は1時間1.3ユーロとの表記があったので、
券売機に小銭を入れてチケットを購入しました。
(時間以上に駐車すると罰金なので、余裕をもっての購入をお勧めします)

↓ 発券機の画面拡大

チケットはフロントガラスにある紙時計のようなものを駐車を始めた時間にあわせ、
その横にチケットを挟み込んでおきます。
(写真では15:30に駐車したので、チケットは2時間分購入で 17:30まで)
このように駐車場に券売機がある場合はよいのですが、ない場合は近くのタバッキ(雑貨店)で購入する形となります。

フィレンツェもあるトスカーナ州はワインで有名で、キャンティ地方、モンテプルチアーノ地方、モンタルチーノ地方にマレンマ地方など特産のワインとワイナリーが目白押し。
またヨーロッパの絶景とも言われるトスカーナの風景はやはりレンタカーなしでは巡れません!
次回はそのトスカーナの絶景をお伝えしたいと思います。

すーちゃん様、ありがとうございました。
トスカーナのお話、楽しみにお待ちしております:・(*>▽<*)ゞ・

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

ヨーロッパでドライブ♪ ジュネーブ・フランスサイド営業所編

前回はジュネーブ空港・スイスサイドにある営業所を紹介させていただきました[:飛行機:]

今回はフランスサイドにある営業所をご紹介させていただきます[:女:][:チョキ:]

スイスサイドより車で向う際、フランスに入国するのでパスポートが必要かな?
と思ったのですが必要なく、何もチェックされずゲートを通りすぎるのみで終了。
ここはどこだろう・・・本当に空港に向かっているのかなと心配になる道[:たらーっ:]

フランスサイドのパーキングへ車を停め、営業所を探しにいきます[:見る:]

上に階に上がるとカウンターはこちらですという案内版がでていました[:!:]

そうするとレンタカー会社各社が集まった場所が見えてきました[:YES!:]

こちらがエイビスのカウンターです[:女:][:チョキ:]
やはりカウンターの方は写真に写りたくないと逃げていってしまいました…[:汗:]

住所 [:地球:] RUE DE GENEVE FERNEY VOLTAIRE,01212,FR
電話番号 [:携帯:] +41 2279 83321
営業時間 [:壁掛時計:] 月?金: 08:00-22:30 / 土: 08:00-21:30 / 日: 08:30-22:00

料金の適用はフランスとなります[:お金:] (スイスよりお安いです[:ラッキー:])

契約が終わったらパーキングに向かいます[:ジョギング:]
パーキングへも案内板が出ているので迷うことはないと思います[:グッド:]

こちらがパーキングです[:自動車:][:自動車:][:自動車:]

返却の際も同じ場所です[:赤い旗:]

他レンタカー会社も一緒となっているのでエイビスの空いている場所に停めてください[:パクッ:]

こちらのパーキングで何かあった時はこちらの電話の受話器をあげれば
直接営業所に電話がつながるようです[:ケータイ:]

エイビスの営業所がある場所の階からスイスサイドへ行けるようですが、
こちらもスイスでのレンタカー予約があれば、スイス側へ行けるようです[:パー:]

次はジュネーブ市内にある営業所を探しに行きます[:見る:]
とりあえず駐車場の清算をします[:お金:] 1.00スイスフランでした?[:お金:]

パーキングチケットを入れ駐車場を出ます[:自動車:][:プシュー:]

また何もない道を通っていきます・・・[:撃沈:][:汗:]

次回はジュネーブ駅営業所の紹介をさせていただきます[:自動車:][:赤い旗:]

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時?18時)!
[:URL:] エイビスレンタカー トップページはこちら
[:NEW!:] エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

ヨーロッパでドライブ♪ ジュネーブ・スイスサイド営業所編

前回はローザンヌ営業所の紹介をさせていただきました[:赤い旗:]

今回はジュネーブ空港のスイスサイドの営業所をご案内させていただきます。

なぜスイスサイドかというと、ジュネーブ空港には2つ営業所があるのです[:ひらめき:]
1つは今回ご案内するスイス側にある営業所、もう1つはフランス側にある営業所です。

ローザンヌからジュネーブは60kmちょっとですので、1時間ほどです[:!:]

今回は高速ではなく、一般道で行くようです[:自動車:][:プシュー:]

少し走ると景色は一面ブドウ畑に[:よつばのクローバー:]

牛さんもすぐ近くにいてスイスっぽいなぁと感じながら、
車の排気ガスが牛さんに悪影響を与えないか心配になりました・・・[:馬:][:汗:]

ジュネーブまであと8kmのようです[:自動車:][:プシュー:]

空港への案内版も出てきました。フランス語で空港は「AEROPORT」です[:飛行機:]

駐車場も空いているようです[:グッド:] 「LIBRE」は空きを示します。

入ってパーキングチケットを取ります[:便箋:]

日本と同じように、空いているところに駐車すれば大丈夫です[:男:][:チョキ:]
どこに止めたか忘れて後で焦らないように、写真を撮っておきます[:カメラ:]

そして出てきた出口も忘れないように写真を撮っておきます[:グー:]

肝心な営業所を探しにいきます[:拍手:]こちらが到着した際に出てくる場所。

目の前にこの看板が出てくるのが、営業所へは右方向に向かいます[:next:]

進んでいくと郵便局(LA POSTE)が見えエイビスのカウンターはこちらの裏側にあります[:おはな:]

こちらがエイビスのカウンターです[:赤い旗:]

契約をカウンター済ませパーキングへはシャトルバスに乗っていきます[:バス:]
こちらのシャトルバスは他のレンタカー会社で借りた方と一緒に乗車となります。

住所 [:地球:] COINTRIN AIRPORT GENEVA,1215,CH
電話番号 [:携帯:] +41 22 9290330
営業時間 [:壁掛時計:] 月?日: 07:00-23:00

スイスサイドとフランスサイドは行き来できるのか?という質問をよくいただきます。
レンタカーの予約がフランスサイドのものであれば、予約確認書を提示することで
フランスサイドへ行くことできます。移動も10分あれば検問所までいけます[:時計:]

フランスサイドへの行き方はフランスの国旗の看板を見て進みます[:ジョギング:]

エスカレーターに乗って、一つ上の階(2階)へ行きます[:up:]

国旗を目掛けていくと検問所に到着します!パスポートチェック等があります。
扉の向こうはフランス。何だかどこでもドアーの感じですね[:ラブラブ:]

ジュネーブに到着しフランスで運転したい方にはオススメです[:ニコニコ:]

今回は車で移動しフランスサイドへ向かいます[:車:] 一度パーキングの清算をします!
パーキングチケットを入れ、表示された金額を投入します[:お金:]

清算が終わるとチケットに料金と出庫しなければいけない時間が印字されます。
今回の料金は2.00スイスフラン。14:23までにパーキングを出ないといけないようです[:プシュー:]

出口を探し・・・

パーキングチケットを入れ無事パーキングを出れました[:拍手:]

次はジュネーブ空港・フランスサイドの営業所を探しに行きます[:ジョギング:]

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時?18時)!
[:URL:] エイビスレンタカー トップページはこちら
[:NEW!:] エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

ヨーロッパでドライブ♪ ローザンヌ営業所編

前回のブログではモントルーからローザンヌまでのドライブをご紹介しました[:自動車:]
今回はローザンヌ営業所を紹介させていただきます[:嬉しい:][:グッド:]

とりあえず路上駐車場に車を停めます。ここは30分までしか停められないようです[:汗:]
それより、どうやって料金を払うのか?が問題です・・・[:お金:]

書かれているマニュアルに沿って操作すれば大丈夫なはず[:チョキ:]

1.駐車した番号と同じ番号のボタンを押す[:グッド:]
  今回は12番に停めたので、12を押します!!

2.コインを入れる。30分1.50スイスフランなので、その分のコインを入れる[:お金:]

完了です[:拍手:]

え?これで本当に大丈夫?!と心配になり、通りかかった人にこれで大丈夫か聞くと
大丈夫だよ[:楽しい:] と言ってくれたので、安心し営業所へ[:ジョギング:]

こちらが駅です[:でんしゃ:]

駅を背にして、目の前にAVISローザンヌがあります[:ラッキー:]
駅からAVISのロゴマークは見えるほど駅から営業所への距離は近いです[:見る:]

近づいてみましょう[:!:] 営業所が見つかるとなぜか嬉しいです[:ひらめき:]

営業所の中はこんな感じです[:女:]
スタッフのは写真に写りたくないと逃げていってしまいました・・・[:汗:]

住所 [:地球:] 50 AVENUE DE LA GARE LAUSANNE,1003,CH
電話番号 [:携帯:] +41 21 3407200
営業時間 [:壁掛時計:] 月?木: 08:00-12:00,14:00-17:30 / 金: 08:00-12:00,14:00-18:15
      土: 08:00-13:30 / 日: クローズ

車種ガイド、乗り捨て不可地域のMAPが置かれていました[:便箋:][:鉛筆:]

駐車場は営業所カウンターのすぐ隣にあります[:自動車:][:プシュー:]

こちらの営業所は時間外返却の可能なので、車の鍵を返すボックスが外に置かれていました[:ひらめき:]

KEY BOXは営業所カウンターと駐車場の間にあるのですぐ分かると思います[:ニコニコ:]

AVIS用のガソリンスタンド。
満タンで返却されなかった場合はこれで入れるのでしょうか・・・?

営業所を後にして駅にも少し足を伸ばしてみました。
次の場所に行く前に、お手洗いに寄っておいた方がいいですからね[:パクッ:]

駅はきれいでした[:パクッ:]

ヨーロッパの駅には改札がないので、プラットホームへは誰でもいけます[:女:][:チョキ:]
日本とは全く異なった雰囲気ですので、覗いてみるのも良いかもしれません[:見る:]

次はジュネーブ空港へ向かいます[:自動車:][:プシュー:][:プシュー:]

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時?18時)!
[:URL:] エイビスレンタカー トップページはこちら
[:NEW!:] エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

イタリア お客様からの投稿 フィレンツェ空港

すーちゃん様からヴェネチアの投稿を頂いた後、フィレンツェ空港のご投稿もお送り頂きました(*´∀人) ありがとうございます。
さっそくご紹介させて頂きます。

フィレンツェ空港

花の都・フィレンツェの空の玄関口と言えば、ペレトラ空港。
市内からは直行バスで約40分。
ゲートが10しかなく、全てバスに乗って飛行機のすぐ側まで行き、タラップを登って飛行機に乗る、小さな空港です。
ターミナルは2階建てで、荷物を持って出口を出ると30秒もせずにすぐ外です。

レンタカーの場合は空港内にカウンターがあるわけではなく、全てのレンタカー会社はシャトルバスに乗って営業所へ移動します。

シャトルバス乗り場はすぐにわかったのですが、なかなかバスは来ません。
(これもおおらかなイタリア時間なのでしょうか?)ようやく20分待って、バスが現れました。オレンジか赤と白のバスで、乗車して約5,6分で営業所へ到着。

実はこの道、朝夕の通勤ラッシュには激混みの道なので、お気を付けください!

営業所内に入るとAVISレンタカー以外の会社も全てカウンターがまとまってあり、AVISは入口入ってすぐ左手。

スタッフは英語が話せます。早速バウチャーと国際免許証、クレジットカードを提示。
私はヨーロッパでのレンタカーは初めてだったので、とにかく保険だけはしっかりかけなければ。とありとあらゆる保険をかけました (`・ω´・)

フロントガラスや、搭乗者傷害保険、免責軽減制度などに加え、ガソリン満タン1回分にこの時期のイタリアでは必須なスノータイヤ。
12月から2月にかけてはイタリアでは多くの道路で、冬、たとえ降雪や凍結、その恐れがなくても、スノータイヤ装着あるいはスノーチェーン携帯が義務化され、期間中に、警察の検査で、旅行中の車にそのいずれもないのが見つかった場合は、罰金が課されます。
事前に日本でスノータイヤを希望していたので、車を取りに行ったらすでに装着されていました。

GPS(カーナビ)はGarminだったのでスタッフに地図表記と音声案内を日本語に変換してもらいました。
これで準備OK!営業所のすぐ目の前に各社の車が並んでいます。

今回はJクラス(エコノミー4ドア)でオートマ車をリクエストしたところ、なんと・・・
TOYOTAのHYBRIDが! ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

荷台は中型のスーツケースとバックパックが1つずつしか入りませんが、日本車だからかギアはいつもの右下の位置にあり、シガーソケット1つでしたが、USBコネクトが隣に!と、いうことでipodを充電しながらドライブを楽しむことができました
☆+:;;;;;:+☆ヾ(*´∀`*)ノ☆+:;;;;;:+☆ ☆+:;;;;;:+☆ヾ(*´∀`*)ノ☆+:;;;;;:+☆

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

ヨーロッパでドライブ♪ モントルー~ローザンヌ移動編

前回はモントルー営業所をご紹介させていただきました。

これからローザンヌに向かっていきます。

天気もよくドライブ日和です。

高速に入るときは特にゲートはなく、こちらの看板が出てくるのみです。
なので知らずと高速に入っていた。 ということもあるかと思います。。

高速を走行する際は必ずヴィニエットを購入しフロントガラスに貼り付けてください。
ヴィニエットについての説明は、こちらのブログに書いてます[:URL:]

一度間違えてローザンヌとは逆方向へ走行してしまいました・・・

サービスエリアの駐車場でUターンをし、気を入れ直してローザンヌへ。
ブドウ畑がとってもきれいです。(←これはさくらんぼですね…)

GPSはありますが、看板も忘れずチェックして方向を確認します。
ドライブ日和だったちょっと前に比べ、空は急に曇っています…。

ローザンヌに入ったようです。
国際オリンピック委員会(IOC)の本部がローザンヌにあるので看板にも記載があります。

ローザンヌで高速をおります。出口はフランス語でSORTIEです。

高速から一般道になるときはこのような看板が出てきます。
斜め線で×にしている感じで、ヨーロッパではこのような記載方法が多いです。

一般道に入り、一般道らしく信号も出てきました。

広場ではおじ様方がペタンクをしていました。
ペタンクはフランスの球技ですが、スイスでもするんですね?!

営業所を探して街をドライブしていたら、先にポストを見つけました。

自分の帰国が早いか、ポストカードが届くのが早いか・・・。
国ごとに違う切手とスタンプが楽しみで訪れた国からポストカードを送るのが趣味です。

ローザンヌ駅が見えてきました。バス停も駅前に。

駅のもローザンヌはオリンピック委員会の本部があると書かれていました。

エイビスの営業所を探しに、車を止めて行ってきます。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

ヨーロッパでドライブ♪ モントルー営業所編

前回はモントルーのレマン湖を散策した様子をご紹介させていただきました!
このブログではAVISのモントルー営業所とローザンヌに向けて出発します。

とりあえず朝食を食べます。

湖を見ながらと思っていましたが、みなさん予約をしていたようでした。

途中から、朝食が美味しかったので景色はどうでも良くなっていました。
大好きなチーズを毎日たくさん食べれるって幸せ・・・。

朝食を思う存分堪能してから、徒歩でモントルー営業所を探しにいきました。

調べてみたところ、ここのホテルから徒歩で5分ほどのところにあるようです。
宿泊していたEUROTELから坂を少し登っていきます。

歩いているとRoyal Plazaというホテルが出てきました。

こちらのホテルにエイビスの営業所が入っています。
入り口付近にはAVISのロゴの入ったステッカーが貼ってありました。

受付のところにAVISと小さいマークが。
予約がある場合は、契約書を作成しスタッフが待っているようです。

住所: HOTEL ROYAL PLAZA内 / GRAND RUE 97, MONTREUX, 1820, CH
電話番号: +41 21 3407205
営業時間: 月~木: 08:00-12:00,14:00-17:30 / 金: 08:00-12:00,14:00-18:15
土: 08:00-13:30 / 日: クローズ

こちらのホテルからのレマン湖の景色も良かったです。

また湖辺を歩いて宿泊していたホテルへ向かいます!
朝一で見る湖は昨日とはまた違う色をしておりきれいでした。

こちらは有名な高級ホテル、Montreaux Palaceです。
フレディ・マーキュリーさんも何度か泊まったことがあるようです。

ホテルに戻り、チェックアウトをして車を出しローザンヌに向かいます。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

ヨーロッパでドライブ♪ モントルー レマン湖散策編

前回は、スイス国境~モントルー移動編をご紹介させていただきました。
今回はレンタカーはお留守番して、歩いて散策したレマン湖をご紹介します。

ホテルのレストランのテラス。ここで朝食が食べれるようです!明日が楽しみ。

お花やお庭?がとってもきれいです。

こんな自然が豊かなところにいると、ずっと居たくなってしまいます。

ロックバンド・クイーンだったフレディ・マーキュリーさんの銅像がありました。
彼はレマン湖を気に入り晩年を過ごしたことでここに銅像が建てられたようです。

彼は「平和を探したいなら、モントルーに行け」と言っていたようです。
ここモントルーでは有名人であっても普通の人として穏やかに過ごせるからとのこと。
有名ではない私でも、ここは平和に過ごせそうでなんとなく理由が分かりました。

少し歩いただけでお腹が空いてきました・・・。
マカロン・ショー(焼き栗)が売っていたので買っちゃいました。

何度見ても美しい、レマン湖。
みなさん焼き栗を食べたりして、頭を空っぽにして?湖を眺めていました。

前方に見える山は・・・富士山?ちょっと河口湖にいる気分になりました(笑)

白鳥でしょうか。こっちおいで?っと男性の方が呼んでいました。

「白鳥の湖」の一枚

ゴミ箱が素敵にペイントされています。そして広場も!

モントルーにはカジノがあるようです。
手持ちは50スイスフランくらいしかないし、勝てる気がしないので行かず。。

もう湖辺も行き止まりになったので、道路に出てみました。
ヨーロッパの雰囲気はフランスやイタリアに比べあまりないなぁという印象です。

そしてこちらの建物はどちらかというとドイツ風です。

スイスは隣接する国によって公用語が変わりますが、モントルー・ジュネーブ付近はフランスに近いのでフランス語が公用語です。

夜も更けてきましたが、湖というより海のように見えます…。

三日月もきれいに見えました。

お腹も空いたので、湖を眺められるレストランに入りました。

まずビール。

料理はボスがどうしても食べたいと言ってうるさかったソーセージと、
私はサーモンをチョイスしました。

テラスだったので肌寒いながらも美味しくいただきました。
だいぶ夜も更け、人通りも少なくなってきました。

もっとブラブラ散歩したい気分ですが、ホテルに戻りブログを書きます。
明日はモントルー営業所へ視察にいきます。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら