シンガポール ☆ Part 2

宿泊先のシャングリ・ラ ラサセントーサリゾートからバスでシンガポール市内へ移動。
チャイナタウンを通り、シンガポール川越しにマリーナサンベイズが見えてくると、あっという間にラッフルズ・ホテルに到着です。

ラッフルズ・ホテルはグッドウッド・パーク・ホテルとならぶシンガポール最高級ホテル
伝統的なコロニアルホテルです。
( ※コロニアルホテルとはその国・地域で歴史的価値のある最も高級なホテル )
ここのホテルが発祥の地と呼ばれるシンガポール・スリングはとても有名ですよね。

※ 電車で行くならMRTシティ・ホール駅が最寄となります。

1915年シンガポール・スリング誕生から100年をお祝いしている看板と
シンガポール・スリングの生みの親 Ngiam Tong Boon と記念撮影。

ホテル到着後、2階にあるロングバーでシンガポール・スリングを頂きました。
お酒が飲めない方にはノンアルコールもありますよ!( 写真はノンアルです )
こちらのバーのインテリアは1920年代のマレー半島の大農場をモチーフにデザインされているそうです。天井にはパッと目を引く大きなうちわのファンがありました。
( 動きがあまりにゆ?っくりで風を感じることはありませんでしたが・・・笑 )

シンガポール湾の夕焼けをイメージして作られた赤とピンクのシンガポール・スリング。
ジンベースでパイナップルの香りがするのでお酒が弱い方にもおすすめですよ。

そしてここはシンガポールで唯一 “ ポイ捨て ” が許可された場所なんですって。
麻で作られた可愛らしい袋にはお通し(!?)のピーナッツが沢山入っています。
周りを見てみると食べ終わった殻は、みんなポイポイ床に投げ捨てています・・・
郷に入ったら郷に従えの精神!私もポイ捨てに便乗( 笑 )
そして下の写真が鼻血が出そうなくらいピーナッツを食べた私の足元です。

***********************************************************
シンガポールへ行くなら SIA Holidays

詳しくはこちらの URL をご覧ください。

https://www.sia-holidays.jp/
***********************************************************

ラッフルズ・ホテルでシンガポール・スリングを堪能した後、市内にある AVIS の営業所を訪れました。
場所はハヴロック・ロード沿い、キングスセンターが目印となります。

【 シンガポールダウンタウン営業所( LOCATION CODE : SN3 )】

住所:390A HAVELOCK ROAD #01-07 WATERFRONT PLAZA             SINGAPORE,169664,SG
電話番号:+65 6737 1668
営業時間:ドアOPEN/CLOSE時間
SU      09:00-17:00
MO-FR   08:00-18:00
SA      09:00-17:00

シンガポールは日本と同じ左側通行・右ハンドルの車となるので、初めての海外ドライブでも、道も整備されていて綺麗なので、比較的運転しやすい国だと思いますよ。



AVIS
BUDGET はグループ会社です。こちらではオフィスを兼用しています。

近くに違法駐車した場合、車輪の締め金します! と注意版が立ててありました。
違反金・・・SID 150.00!皆様、駐車の際には極上の注意を払ってくださいね。

次回はシンガポールで食べたご飯などをご紹介をさせて頂きます。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

シンガポール ☆ Part 1



2016年。今年はシンガポールと日本の外交関係樹立50周年の記念すべき年!
SJ50のお祝いに今年ならではの沢山の特典・企画が用意されていますよ。
※詳しくはシンガポール観光局のサイトをご覧ください。

・・・少し前にさかのぼりますが、7月に行った時の様子をご紹介させて頂きます。

成田空港からシンガポールまではシンガポール航空直行便で約7時間のフライト。
機内食は麦類を使用しないグルテンイントラントミールを事前にリクエストしました。
空の上だから 、アイスクリームは カチカチで食べるのに一苦労でしたが、デザートはハーゲンダッツのストロベリー味。快適な空の旅です(* ̄ω ̄)/

※シンガポール航空では健康・宗教上などにより制限のある方のお食事メニューを事前リクエストする事が可能です。

空港到着後はセントーサ島、宿泊先のシャングリ・ラホテルまで車で移動しました。

南シナ海に面したシロソビーチに建つシャングリ・ラ ラサセントーサリゾートは、シンガポールで唯一のビーチフロントリゾート。5星ホテルです。
ユニバーサル・スタジオやシー・アクアリウムなどアトラクションがホテルの直ぐ側にあるので、遊びに行くのもとても便利なロケーションです。

ホテル11階、回廊からの眺め。すばらしい見晴らしでした。

ホテルプール
シンガポール最大とも言われるフリーフォーム スイミングプールです。
この日は青空が広がり絶好のプール日和でした。
やっぱり南国はこうでなくちゃね Σd=(・ω-`o)グッ♪

プールからつながる細道を歩いて行くとそこにはシロソビーチ が・・・
しかも見渡してみるとビーチには誰も居ないなんて贅沢!独り占めです。


こちらは部屋に入る前の回廊から。一面に海が広がっています。
沖合いの海には、数多くの貨物船が往来している様子が見られます。
シンガポールが交易で成り立っている象徴ですね。

部屋はラグジャリー感に溢れ、全て快適でした・・・。出来れば住みたい( 笑 )
バスルームの窓を開けるとバスタブ越しに部屋へと続きます。開放感120%です。


ウェルカムフルーツは可愛い入れ物に入ったドライマンゴー。南国らしいですね。

ホテルからは無料のシャトルバスが利用できます。
チェックインカウンターでホテルスタッフが丁寧に説明してくれ、シャトルバスのタイムテーブルをくれました。
また、セントーサ島に入るにはその都度( 再入島の場合も )入島税がかかります。
この税金が免除される sentosa FUN PASS も一緒に渡されました。
地下鉄の駅もホテルからすぐ近くにあります。

朝食@ 1階レストラン
何故かパペットで席まで誘導されました・・・1人だったからちょっと恥ずかしい。

“ はぁ~い。私の後ろにちゃんと着いてきてね。”

お食事はビュッフェスタイル。
美味しそうなチーズと作りたてのオムレツ。その他キッシュとハムをセレクト。
茶色い・黄色い朝ごはんプレートですが、ドリンクのグァバジュースで赤色をプラス。
グァバジュースでビタミンCをたっぷり吸収です ヾ┃☆・ω・☆┃ノィィ――ネ!!!

ご飯を食べていたら可愛らしいお客様が次々にご来店。猫と・・・く・く・孔雀?!

サンセット@ホテルビーチ。
日本の喧騒を離れ、ほっとできる一時 (๑´ω`๑) [:ラブ:] この瞬間が一番好きです。
遠くには Bukom島と行き交う船。プラントの煙突からは煙が出ています。
大小60余りの島から構成されているシンガポール。Bukom島はシンガポールの産業を支えている島の一つです。

遠くに浮かぶ船もライトが点灯され始めると幻想的な雰囲気に

次回はシンガポール市内や AVIS オフィスなどのご紹介をさせて頂きます。

***********************************************************
シンガポールへ行くなら SIA Holidays

詳しくはこちらの URL をご覧ください。

https://www.sia-holidays.jp/
***********************************************************

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら