チェコ【その1】

レンタカーでの旅行の体験記をwww.avis-japan.comで随時アップしています。
ハットリくん記の体験記、ドイツからチェコへのドライブもおもしろいですヨ。

5年程前、ドイツ→チェコへ行った時…買いたいものが見つからず…という体験があります。

ドイツから行ったチェコの国境付近


国境の町では、タバコ・ウォッカ・そしてなぜかウェハウス、7人の小人の置物(庭に置く)、偽物のサッカーのユニフォームなどが売ってました。
同じようなお店が軒を並べ、なんと「24時間、Non Stop」と看板に!
販売員はほとんどベトナム人でした。どこに旅したか分からなくなるほど、ベトナム人だらけ。
あんまりアジア人は来ないのか、全員で私を凝視。
ドイツ人は物価の安いチェコに食料を買いに行ったり、タバコを買いに行ったりするそうです。
でも国境でちゃんとチェックがあるので、買いすぎ注意☆

そこから、Pilzen ピルゼン(チェコ語ではプルゼニュ)というビールで有名な街へ行って、ツーリストインフォメーションで「おすすめのお買い物スポットはどこですか?」と聞いたら、とあるショッピングモールを紹介されました。
街中から少し離れたところにあり、行ってみてビックリ。
ただの大型スーパーで、日用品・食料品しか売ってない。
ぶらぶら一通り見たけど、買いたいものがない。
プ?さんのボールペンを買ってみた。ここで買わなくてもいい物を…。
(帰宅して使ってみたら、インクが出なかった)

でもプラハに行った友達は、とーっても素敵なブレスレットを買っていました。
やっぱり超☆観光地にはそれなりのものが売っているんでしょう)^o^(
Pilzen ピルゼンの駅でトイレに行ったら、受付のあるトイレでした。
ヨーロッパのトイレは有料だったりします。
ここはちゃんと受付がありました。
確か、25円程のお金をおばさんに支払い→クルクルっと4重くらいのトイレットペーパーを切ったものを手渡されました。
トイレにはもちろんトイレットペーパーは設置なし。
つまりその4重巻のトイレットペーパーで済ませろと。
プラハは観光地化されているし、そういうトイレはないと聞きました。
確かに紙の無駄遣いない、エコです。

最近、チェコの雑貨や絵本が流行っていますよネ!行きたいなぁ。
明日は、チェコの小さな村でのレストラン体験を書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です