ケアンズで1泊2日のドライブ体験記 2日目

ジャッキー・オカダさん

株式会社オズ・プロジェクトのジャッキー岡田さんの
ケアンズドライブ体験記、2日目です。

***************************************************

●人々との出会い
オーナーのイアンと一緒に朝のコーヒーを飲みながらスポーツの話をする。彼はシドニー出身でラグビーリーグのファンとのこと。
一時的な雨の後、パロネラパークまでのんびり散歩を楽しむ。
ホテルに戻ると今度は、新聞を読んでいる奥さんのミッシェルの隣でトーストとシリアルの朝食を取る。

9時半に出発する。

今日の予定は、夕方までにケアンズへ帰ること。
(19時半からプロバスケットのゲームがある。パロネラパークがチーム・タイパンズのスポンサーになっているので、マーク達と一緒に観戦に行くことになる)

●ミラミラの滝
雲行きが怪しく時々、雨がふる。昨日寄れなかったミラミルラの滝に寄る。幸い晴れてくれのだ。
滝の下の天然プールでは、夏になると水遊びをする人たちがいるのだろう。滝は大変魅力的で、もしキャンピングカーなら、滝の前の駐車場に車を停めて一晩過ごしても良いくらい素敵であった。
滝の周辺の道は、牧場が多く一匹の牛がフェンスから身体半分出ており、
身動きの取れない様子であった。

のんびり走っていると、Nerada Tea の看板が見えた。
時間もあるので、寄り道をすることにした。
ネラダまでの距離が9キロであったが気になる距離でない。
小さな橋に子供たちが二人上半身裸で座っていた。
思わず、車を停めて写真を撮らせていただく。

●Nerada Tea

お茶の工場に売店とカフェが併設されています

Nerada Teaは、オーストラリア産の紅茶で無農薬栽培をしているとのこと。私の友人がこの紅茶に魅せられて日本で代理店をしている。
途中から茶畑の緑が鮮やかになる。あたり一面、お茶の葉だらけである。

売店にはここで作られた沢山の紅茶が!広大な茶畑を眺めながら、ゆっくりとランチ・・・

広大な茶畑と工場とお茶を売る売店&喫茶室がある。
喫茶室でホワイトTEAとスコーン(6ドル50セント)を注文する。
広大な茶畑を眺めながら、ゆっくりとランチをする。長閑である。

広大な茶畑をバックに。

●ナビの威力

こんな時にナビがあると大いに助かる。
周辺が畑やブッシュの田舎町の道を地図だけを頼りではなんとも心細い。
ナビに従い、その通りに走っていると大きな幹線道路にぶつかる。

夜は走らない方がいいよと言われたGLLIES HWYを走る。
箱根の山のような下り坂が何キロも続く。
なるほど夜道は危険かもしれない。
こんな高地にいたんだとあらためて感じる。

BRUCE HWYに合流して、ケアンズまで後20キロ足らず。
急に交通量が多くなり、都会に近づいていることがわかる。
左手にラグビー場のような大きな施設がみえた。
Uターンをして、車を競技場の駐車場に停める。

ケアンズのオーストラリアン・フットボール・クラブ施設であった。
受付で名前を書いて施設の中を覗いてみる。
メンバーが昼間からビールを飲みながら談話し、ポーカーマシーンで遊んでいる。
彼らの社交場である。スポーツに興味のある僕は、スタジアムがあると覗きたくなる。
車があると、こんな時もちょっと寄り道が出来るから嬉しい。

●ケアンズ帰着
ケアンズの街に夕方の5時前に到着。しばらく街の中を走り回る。
こうして、ストリートや町の様子を知ることも出来る。
ほとんど一通がなく、走りやすい街である。
明日のスカイダイビングの確認の為、店の前に車を停める。
パーキングメーターにお金を入れようとすると気さくなオージーが、
土曜日の午後はフリーだと教えてくれる。ガソリンスタンドに寄って、
ガソリンの補給をする。明日の朝、街中のAVISで車を返却するから
今補給しておいた方が楽である。

ケアンズ市内のエイビス。

オーストラリアはほとんどが、セルフ給油になる。
「Unleaded」のホースを取り上げて、ガソリンを補給する。
終わると店内に入って、給油機の番号を言ってお金を払う。
2日間での走行距離が420キロ。
ガソリン代は、62ドル(50リッター)であった。

株式会社オズ・プロジェクトのホームページはこちら[:next:]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です