オアフ島  ホノルルHonolulu空港からレンタカーを借りる。

オアフ島にはエイビスレンタカーはホノルル空港営業所がある。
(2011年1月現在はホノルル空港営業所1箇所のみ)

パッケージツアーでも楽しめるが、2回目以降の旅行なら
ホノルルの空港到着から自由自在に動けるレンタカーを借りてみてはどうだろう。
国際線で到着ならバゲージクレームの「Individual Passenger Exit」(個人旅行出口)から、ハワイ諸島からの国内線到着ならバゲージクレームから外に出る。
ロータリーには頻繁に各レンタカー会社のシャトルバスが走っているので
どこで停まっているのかを確認すると乗場の目安がつく。
乗場はハワイ諸島からの国内線到着バゲージクレームC 出口、左前方にあるので国際線から到着した人もここが近い。他にバゲージクレームGの前もあるが、ここは国際線バゲージクレームからだと歩いて3分はかかるだろう、スーツケースを運びながらだと、少々厳しい。

どちらの乗場にも、案内板と足元に印が付いている。
シャトルバスが来たら、手を挙げて停める。
この「手を挙げてバスを停める」というのは日本人には少々不慣れである。
待っているだけでは乗れないのでご注意を。



エイビスのシャトルバスは2-3分に1本の割合で巡回している。
バスで4-5分で営業所に到着。

カウンターで手続きをする、この時に加入したい任意保険やサービス、追加ドライバー登録がある場合は申し込む。
契約書を渡されるので、サインをする前にこの場で申込内容(日時、保険、料金など)を必ず確認しよう。一度サインをすると内容を承諾したものとみなされる。
申込内容と異なる場合はこの場でスタッフに申し出よう。
また、契約書に記された借出時間から24時間で1日のレンタル代金が発生するので、返却時間も注意しよう。
手続きを終えると営業所前に建っている赤いテントで鍵を受け取り出発だ。

返却の仕方。
空港付近の道路案内板を注意深く確認しよう。
またエイビスでカーナビ(GPS)を借りたなら、目的地入力画面で「AVIS LOCATION」という項目から「Honolulu airport」をセットすると日本語音声案内が活躍する。
「Rental Car Return」に従って進むと営業所に付く。



営業所の「返却」場所に駐車し、スタッフの確認終了後、レシートを受け取り、ここでも必ず内容を確認しよう。
アメリカでは、清算代金(レンタル料金やオプション料金など)を
円貨請求(Dynamic Currency Conversion /US$を独自のレートで日本円に換算して請求)している営業所が多い。
この場合、通常のクレジットカード会社の換算レートより¥2程度高い場合が多いようだ。
レシートに請求合計US$の下に CURRENCY ○○○JPY,EXCHANGE RATE ○○○と記載があるものは、円貨請求である。
円貨請求ではなくUS$での請求を希望する場合、借出時に申し出る。
返却時に気付いたら受け取ったレシートを営業所カウンターへ持って行き、US$請求に変更を申し出る。

つい確認を怠ってしまうことが多いが、トラブルが起きてからの対応では手遅れな場合が多い。自分だけのレンタカーの旅を「安全運転」と「契約内容の確認」で、素晴らしい旅行に仕上げたい。

レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です