オーロラと紅葉のカナダ旅の体験記

1回の旅行でオーロラと紅葉の2つを体験しようと欲張りな旅行を9/20から12日間で決行♪
道路も広々♪

◆旅の行程◆
Vancouver→Yellowknife→Montreal→Ottawa→Toronto→Naigara→Toronto
6日間で1700km走行[:自動車:]

まずはAir Canada(AC)を利用し成田を出発[:飛行機:]⇒ACのゲート都市Vancouverに入り(ここで入国審査をやり一度預けてた荷物をpick-upし、再び荷物を預け手ぶらで国内線ターミナルの出発ゲートに移動)⇒ ACでEdontonまで飛び ⇒ さらにNorthern Airで最初の目的地Yellowknifeに到着!!の予定がな・ん・とEdmontonとVancouver間で時差が1時間ある事を知らず・・

飛行機に乗り遅れ急遽Edmontonで1泊する事に(>_<) そしてようやく1日遅れでオーロラで有名な都市Yellowknifeに到着。
ここで2泊し、無事オーロラも見れ(^^)vいざカナダ東部の紅葉で有名なメープル街道へ

Northern-Airの絵柄は白熊
Northern-Airの絵柄は白熊です

ナンバープレートも白熊の形。
この白熊プレートはお土産用として売られています。
ナンバープレートも白熊のかたちです


YellowknifeからはEdmonton乗り換えで紅葉の町ロレンシャンへのゲート都市
Montrealへ。到着が午後6時過ぎの為airport hotelに泊まり翌日からの6日間のドライブに備え早目に就眠zzz

翌朝airport hotelから無料シャトルバスで再びMontreal空港へ。
カナダでレンタカーを借りるのは初めてだったのでちょっとドキドキ

空港の到着ロビーからrent carの表示を辿ると、てっきりAVISシャトルバスに乗って移動るのかと思っていたら到着ロビーを外に出た所に空港駐車場がありそこの一階の表示を辿って行くと手続きするrent car事務所があり,中は複数の会社の受付カウンタ?が入ってます。そこでAVISカウンターに行って手続き開始。
今回は日本払いのクーポンだったのでクーポンと日本免許証、国際免許証、本人名義のクレジットカードを提示。書類にサインし終了。
※もし保険やドライバーの追加等する場合は書類にサインする前に。
地図が欲しい場合はカウンターの人に言うと貰えます。
ただその地図だけでは厳しいので他にも用意する事をお勧めします[:ワッ!:]

到着ロビーから『Rent Car』の表示を辿るとAVISへ。
モントリオール空港、到着したらこの看板を見て移動→

モントリオール空港のAVISデスクです。
モントリオール空港のAVISカウンターです

真っ直ぐ目的のロレンシャンの町モン・トランブランに向かってしまうのは勿体無いので途中にある小さい町サン・ソヴェール・デ・モン(車で1h)に立ち寄り。

サン・ソヴェール・デ・モン

サン・ソヴェール・デ・モンです

気になる町にちょっと立ち寄れ、時間も気にせずゆっくりお茶したり出来るのがrent carのいい所[:イケテル:]
いよいよ今日の宿泊地Fairmont Mont Tremblantのあるモン・トランブランへ移動。町はこじんまりしていて徒歩で十分見て回れます。

モン・トランブラン

ゴンドラの中から撮影
ゴンドラの中からの絶景♪

紅葉がキレイです

サンタガッツゥ・デ・モンでのクルーズ
サンタガッツゥ・デ・モンでのクルーズ

次の目的地Ottawa(約3h)へ出発。 途中そこら中工事中で一通になっていて予想より時間かかってしまいました。
そして翌朝Ottawaからアルゴンキン国立公園へ。
ここでも2.5hの予定が工事中だらけで1時間余計にかかっちゃいました、、移動時間は余裕を見たほうがいいと思いました。

入園料として車1台につき1日$13観光案内所で必ず支払いをします。払ったら証明書をフロントガラスに外から見えるように常に置いときます。ちなみに初日払い忘れたら駐禁切られちゃいました(>_<)

アルゴンキン国立公園入り口
アルゴンキン国立公園入り口

観光客が通れるのは60号線一本(40km)です。
公園の中にはいくつものハイキングコースがあるので自分にあったコースを選び途中立ち寄るのもお勧めです。

キャンピングカーもたくさん走っています。
キャンピングカーもたくさん走っています

道路も広々♪

運がいいとmoose等の野生動物に出会えます。
運がいいとmoose等の野生動物に出会えます

アルゴンキン国立公園近郊に一泊しその後Toronto空港ホテルに一泊し最後の目的地Naigaraに移動。

昼のNaigara(左がアメリカ滝、右がカナダ滝)
ナイアガラの滝

ライトアップを撮影してたら突然花火が(^^♪
ナイアガラの滝と花火

Naigaraで一泊し翌日Toronto空港ホテルに移動。
途中Naigaraから車で30分のNaigara・on・The・Lakeに立ち寄り。
週末だったせいか車を停めるのに一苦労。。 でも町は立ち寄った甲斐があり可愛らしくお土産になりそうな物がNaigaraより安く沢山ありました。ゆっくり見るなら半日は見たほうがいいです。

Naigara・on・The・Lakeの中心地
ナイアガラ・オン・ザ・レイクの街

車に戻ったら最後の最後でまた駐禁切られてる?(>_<)
皆さんも駐車する際は十分気を付けて下さいね・・
もし切られてしまったら、時間があるなら最寄の警察に行って相談するか、切符に書いてる番号に問い合せた方がいいかもしれないです。

旅も終盤になり車をToronto空港に返却に行きました。
ここもやはりMontrealと同じく空港の駐車場に返却場所がありました。かなり便利です。
標識に従い中に入ると“CAR RETURN”と出てくるのでそのまま進むとAVISと出てきます。そして車を止めると係りの人がやって来て車をチェックし、レシートを受け取り何かあれば近くにある事務所へ相談。

ケベック州は公用語がフランス語なので一部の場所の標識はフランス語表示のみでした。
出発前はフランス語がわからないのに標識がわかるか心配でしたが行ってみたら問題はなかったです。東西南北だけわかれば何とかなります。ちなみにいく前はその単語さえ知りませんでしたが何度も出てくるので自然とわかってきちゃいます。

6日間で1700km走行しましたがやっぱり車を借りてよかったと思いました。
ツアー等で行くのとは違いやはり自分の好きな場所で車を止めたり休憩できたりするのは魅力です。
次回また行く機会があればまた車を借りつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です