女子旅・座談会 in 東京! 想い出編

最終回は旅についてです・・・。

AVIS: 今回お二人はずっと一緒に行動されていたのですか?
Y: まず、計画の段階でお互いに回りたいところを挙げました。
そのポイントを結んでいき今回のルートになりました。
ポイントポイントで、それぞれ見たいところが異なる場合は別行動です。
K: 例えばメサベルデのツアーに参加後Bさんが遺跡をじっくり見ている間に私は車で少し先まで足を延ばして他のところを見たりしました。
Y: 私は野球が大好きなので1人で野球を観に行ったりしました。
小さいころ、おこずかいを握って駄菓子やさんへ行き、このおこずかいで買える自分の好きなものを最大限に選ぶのと同じ感覚ですよね。
それぞれが行きたいところは各自でちゃんと押さえる。
二人で行動しているときは、現地の人に少し怪しい視線を注がれました。
観光地はたいがい白人の初老のご夫婦やカップルが多く、女子同士という組み合わせは私たちだけだったのです。

(写真ご提供:畔柳 ユキさま)

AVIS: ハプニングなどはありましたか?
BY: 入国時にイミグレで捕まりました!「1月にも米国に来ているが、今回の目的は?」と聞かれ、「旅です。」「2週間もか?」とさらに・・・。
「レンタカーでここやここを回るのです。」(2週間でも短いくらいなのに!!!)
やっと誤解が解けたら・・・、笑顔で「Have a nice day!」です。
T: 僕らが入国したときは「ルート66を走ります」と応えたら、あたかも親善大使のような扱いをされましたよ。
N: 私はいつも抗議をするときは日本語でするようにしています。日本語で怒った方が相手に伝わるのです。

AVIS: 今回「水曜どうでしょう」で利用されたサンタフェのホテル(Inn and Spa at Loretto )が宿泊では一番楽しみにされていたようでしたが、実際いかがでしたか?
Y: もちろんここはよかったのですが、その前に宿泊したヒルトンの衝撃が大きかったです。
1室US$50で、サンタフェ郊外だし、全く期待していなかったら、すごく豪華だったんです!
詳細はこちらのレポート
旅はこういうサプライズがうれしいですね。

AVIS: それでは最後に今回の旅行ではどこが一番よかったですか?
K: う~ん、そうですね、私はモニュメントバレーに行きたかったので、ここはここでよかったのですが・・・、なんていうか「想い出はドライブ」でした。
AVIS: あ、あのぅ、私に気を遣わないでくださいね。
K: いいえ、本当です。
振り返ると二人でドライブしたことがとても残っているのです。
Y: 二人でドライブすることによってチームワークも生まれました。

感無量。
                     おしまい


(写真ご提供:畔柳 ユキさま)

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約はAVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です