セドナドライブ紀行・セドナへの旅をしてみて

アリゾナの虜

- 気候 -
1月のアリゾナは寒暖の差がだいぶある。
半袖からダウンジャケットまで必要だ。
日中のハイキングは半袖でできる。
雨が降ると肌寒くセーターを羽織る。
山間部のフラッグスタッフ方面は残雪もある。
出発前はもっと寒いと思っていたので薄手の洋服が足りなかった。
また雨がとてもよく降った、折り畳み傘を持っていくべき。

- 旅のお供 -
今回の旅行にはこんなガイドブックを連れていった。

「地球の歩き方 アメリカの国立公園」
セドナ周辺のグランドサークルの辞典として
「地球の歩き方 ラスベガス セドナ&グランドキャニオンと大西部」
アメリカの国立公園に掲載のないセドナの辞典として
「地球の歩き方 アメリカ・ドライブ」お勧め
アメリカの運転のノウハウの辞典
標識・ルールを学ぶ教科書
「聖地セドナの歩き方」(サンプラザ中野くん著)
サンプラザ中野くんお勧めのスポット満載

もともとセドナからアンテロープキャニオンへのドライブが
メインイベントだった今回の旅行・・・。
セドナの街へ入ったとたん、「ここにいたい、ここだ!」
直感を大事にしたい。
日本出発前と現地に入ってからのスケジュールは、
天候の影響も大きかったが、だいぶ変更した。
ヒストリックルート66をメインにした1日ドライブを入れてみた、最高だった。
車があるからこそ天気を見ながら納得のスケジュール変更ができた。

ブログランキングに参加しています。
応援おねがいします。

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー
予約センターへ 0120-31-1911(平日09時~18時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です