マレーシア ボルネオ島の旅 ⊂((*・⊥・*))⊃ ★ DAY 1 @ ムル国立公園

【 うきうきボルネオ旅行8日間 – コタキナバルとムル国立公園を巡る大自然満喫の旅 】

先日お休みを頂いて、マレーシア ボルネオ島に行ってきました。
ボルネオ島コタキナバルまではマレーシア航空を利用。
成田空港第2ターミナルから直行便が週2便(月・木)運航しています。
所要時間は6時間前後です。

【旅程】
DAY 1:成田 – コタキナバルへ
DAY 2:コタキナバル – グヌン・ムル国立公園へ & グヌン・ムル国立公園探検
DAY 3 & 4:グヌン・ムル国立公園探検
DAY 5:グヌン・ムル国立公園からコタキナバルへ
DAY 6:クリアスリバーでボートサファリ体験
DAY 7:アイランドホッピングでサピ島へ
DAY 8:コタキナバル – 成田へ

★コタキナバル – ボルネオ島北部サバ州にある海沿いの夕日がキレイにみえる都市。
★グヌン・ムル国立公園 – サラワク州北部に位置し、2000年に世界遺産に登録された
熱帯雨林地帯。

滞在中に訪れた場所、様子を一部ご紹介させて頂きます。

【ムル国立公園】

コタキナバル空港から1時間弱、MASwings でムル空港へ向かいました。


空港到着後、宿泊予定の MULU MARRIOTT RESORT & SPA にチェックイン。
その後ホテルからの送迎バスで約5分、公園入り口のつり橋に到着。            つり橋を渡るとセキュリティー、PHQ、Cafe、Discovery Centre、ロッジ等があります。
PHQ(PARK HEADQUARTER / 事務所)を拠点に洞窟体験など様々なアクティビティーを行う事ができる様になっています。
まずは入園料を払い、専用の PASS を付けてもらいます。公園内は着用必須です。

PHQ ではこの様なムル国立公園内の MAP が無料でもらえます。
コースによっては要予約( ガイド付き、有料 )のものがあります。
迷ったらスタッフに相談しながらコースを決めるのもいいかもしれませんね。

****************************************************
世界の自然・動物・遺跡をめぐる秘境ツアーなら 【 世界ツアーズ
詳しくはこちら をご覧ください (● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚
****************************************************

【 Deer Cave & Lang Cave 】

Deer Cave は昔、鹿が雨宿りの場所として使っていた事から先住民に名付けられました。
今ではなんと約300万羽のコウモリが生息する洞窟。
ガイドさん曰く“ここはコウモリの大きなトイレ!” 臭いがダメな方も多いとか(笑)

夕方5時から7時の間に餌を求めコウモリ達が外へ飛び立つ姿は圧巻です。
群れを成し空を舞うその姿はドラゴンフライと呼ばれ観光客に大人気です。

雨が降るとコウモリは洞窟に閉じこもったまま。ほぼ毎日夕方になると雨が降るので、
一度目でドラゴンフライを観れたらラッキーかも。
ちなみに3日間の滞在中、毎日トライして最終日にやっとの思いで観る事ができました。
( ※ガイドさん情報だとコウモリは最長5日間食べなくても大丈夫だとか・・・OMG )

中心の黒い穴が洞窟です。ここからコウモリの大群が飛び出してきます。

Deer Cave をおよそ2キロ進むとその先は Lang Cave になります。
ライムストーン(鐘乳石)が織り成す神秘的な空間は自然の偉大さを物語っています。
途中リンカーンに似ている事で有名な箇所があります。ぐんぐん奥に進んで行き、
洞窟が開けた向こう一面に広がる“ Garden I Eden ”が見えたら洞窟の最終地です。
“ 風の谷のナウシカ ”や “ もののけ姫 ”のシーンを思わせる光景が沢山ありました。


To be continued・・・

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時~18時)
エイビスレンタカー トップページはこちら
エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です